Fortis


Fortis History

Fortis History Image 02

パイオニアとしての功績

 1930年代に入り、フォルティスは創業25周年を記念して初のクロノグラフを発表しました。また、1931年発売の「オートリスト」というモデルはハーウッドが発明した自動巻き時計で、ストラップの動きが動力を生み出すという画期的な商品でした。

 1940年代、いくつかのブランドが防水時計を発表する中、フォルティスも1943年に「フォルテシモ」を発表しました。フォルティスの防水技術は「マネジャー」で集大成の場面を迎えます。1956年、「マネジャー」は世界初防水機械式アラームクロノメータとしてスイスクロノメータ協会(C.O.S.C.)のクロノメータ・アワードを受賞しました。今日、「マネジャー」におけるデザイン性と機能性の見事な融合は、アクアティス・コレクションに引き継がれています。

 1960年代は変遷の時代でした。スイスで初めてのプラスチック時計を発売したのもこの時代で、200m防水のものまでありました。冒険的な試みでしたが成功を収め、フォルティスコレクションの中でもベストセラーに数えられます。

 その後フォルティスは原点に立ち還り、パイロットウォッチに焦点を当てるようになります。1987年に発表されたフリーガー・クロノグラフは直径40mmもある当時としてはオーバーサイズのケースを採用し、新しいトレンドの先駆けとなりました。発売開始から遅れること17年の2004年、フリーガー・クロノグラフはヨーロッパ・パイロットウォッチ・アワードで1位を獲得しました。充実した機能と高い信頼性を誇るフォルティスのパイロットウォッチは2つの世界最高高度記録を叩き出し、パイロットが装備品として真っ先に選ぶ時計となりました。今日では、スイス空軍PC-7チーム®を含む世界各国60以上の飛行部隊で採用されています。

| 前へ戻る | 次へ進む |