Ball


Ball History

テクノロジー

 こうして現代に引き継がれたボールウォッチは、様々な進化を遂げてきました。ここに一部を紹介しましょう。

Ball History Image04

【自発光型マイクロ・ガスライト】
他にはないボールの特長と言えば、文字盤と針に自発光マイクロ・ガスライトを採用している点が一番にあげられるでしょう。これは、蛍光物質でコーティングを施されたミネラルガラス・チューブにトリチウムをガスの状態で封じ込めたもので、トリチウムの電子がグラス内部で夜光物質を発することでカラフルな光を放つものです。電池を必要とせず10年以上も発光し続け、その明るさは従来の夜光塗料より100倍(日本仕様モデルは70倍)も明るいのです。

Ball History Image04

【セーフティロック・クラウン システム】
そして、もう一つの特長がセーフティロック・クラウン システムです。これは、リューズをプロテクション・プレートで固定することにより、機械式時計のデリケート・エレメントであるリューズを保護。これにより、防水性や耐衝撃性を向上させています。

| 前へ戻る |