Ball


Ball History

Ball History Image

ボールウォッチの起源

 ボールウォッチは、アメリカの鉄道史と共に発展してきた腕時計であることを、けして忘れることはありません。
 現代では想像も出来ないことですが、かつて鉄道の運行において、厳密な時間管理や標準時は存在しませんでした。そんな鉄道網の黎明期に、起こるべくして悲劇は起こりました。

 1891年4月19日。速達郵便列車であるNo.4号は、湖岸サザンミシガン鉄道を西からオハイオ州キプトンに向け走行中。一方、別のアコモデーション号は、クリーブランドから25マイル離れたエリリアでNo.4号を先に通すように指令を受けていました。

 アコモデーション号の車掌は、エリリアを出発してからキプトンでNo.4号に衝突するまでの間、ポケットから時計を取り出して時間の確認をするような振る舞いはせず、機関士が注意を払っているものだと思っていました。しかし、その機関士が当日持っていた時計は何らかの理由で4分間遅れており、このことが生死を分けることになってしまったのです。

 〜アコモデーション号は、フルスピードで走って来たNo.4号とキプトンで衝突して大破。両列車の機関士は死亡し、6名の乗務員が炎上した列車の犠牲となって命を落としてしまいました〜

| 次へ進む |